2013年03月05日

愛(1/4)

   エス

 男の身代わりだったのね
 あなたは気軽に笑うけれど

 誰もいない図書室
 セーラー服で抱き合った

 甘くかすかな息の音
 夏服にすけるブラジャーのひも
 あたたかな汗のにおい

 私は明らかに欲情していた

 あの女と絶交しなければ
 もう二度とお前とは口をきかない

 どんなに楽しい友達でも
 あなた以上、という人はいなかった
 痛みはもう麻痺していたから
 一つ一つ、つながりを切ってゆく

 あなたはそうやって私から
「普通の」女友達を全て奪った
 いつも二人ぼっちの
 一人ぼっちの

 デパートの喫茶室
 二人とも夫がいて

 まるで私たち、普通の友達みたい
 遠い過去について話すような口ぶり

 忘れたのかしら
 忘れたと思っているのかしら

 たまには連絡頂戴よ
 そういって渡された電話番号のメモ
 きらきらと輝く真昼の中で
 こなごなに引き裂く

 私に別れを告げた
 あの交換日記のように

 もう二度と会いませんように
 泣く必要なんてないのに

 もう二度と会いませんように
 私は別の場所で

 もう二度と会いませんように
 幸せなのだから

 幸せなのだから
 幸せなのだから
posted by 柳屋文芸堂 at 02:27| 【詩】愛 | 更新情報をチェックする