2010年08月04日

日常美術館(その3)

アオスギル

ひどい風で
雲は全部吹き飛ばされたあとだった

不吉なほどの青空
誰かキズをつけてよ
切れ味の悪い彫刻刀で

このままじゃ
不安になる

人と同じだね
うん、人と同じだ

風呂場で失敗して
びしょ濡れになるまで
目が覚めなかった
posted by 柳屋文芸堂 at 23:45| 【詩】日常美術館 | 更新情報をチェックする