2009年09月27日

ぬか漬け日記(その27)

   五月三十日
 夜(漬けてから約二十四時間後)、新しょうがを出した。漬かりにくいのではないかと心配していたが、しっかりやわらかくなっている。薄切りにした。一枚食べてみると、辛い! でも美味しい、のではないだろうか。

 ぬか床はかき混ぜた後、冷蔵庫に入れた。唐辛子のおかげか、このところ異常発酵してふくらんだりしない。味も見た目も香りも、ずいぶん落ち着いた。

 夕ごはんに新しょうがを出すと、辛い、こりゃ、しょうがそのままだ。ぬか漬けという気がしない、等々、Dちゃんから辛めの感想をもらう。その割にけっこう食べていた。何だよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 12:33| 【エッセイ】ぬか漬け日記 | 更新情報をチェックする